ICカード型タイムレコーダーのメリットとデメリット

ICカード型タイムレコーダーのメリット

ICカードを利用して勤怠管理をすることで、作業の効率化ができることが一番のメリットです。従来のタイムカードを打刻するタイムレコーダーでは、労務担当者がカードを見ながら勤怠を手入力するという作業が必要になります。その点、ICカード型であれば、カードをタッチするだけで、データとして管理することが可能です。手入力では、入力ミスもあり得ますが、データ管理であればミスを防ぐことができます。また、データを見るだけで、社員全体の勤怠状況を把握することができるため、残業の削減や労務上の問題点にいち早く気づくことが可能になります。さらに、給与計算ソフトと連動させることで、面倒な給与計算も効率的に行うことが可能になりますよ。

ICカード型タイムレコーダーのデメリット

ICカード型タイムレコーダーは、導入時にコストがかかります。ですが、それほど高価な機器ではないため、労務管理にかかるコストと比較すると、結果として安く済むということもあり得ます。また、ICカード型の場合、従業員がカードを持ち歩くというケースもあります。そのため、置忘れや紛失などセキュリティ面の不安もでてきます。個人情報保護に特化したシステムを選択するなど一定の予防策が必要です。導入してすぐは、不測の事態が起こることも予想されます。そのため、サポート体制がしっかりしているシステムを選ぶことがポイントです。できれば、導入時に職場の規模や必要性に応じてぴったりのシステムを紹介してくれるような導入時からのサポート体制があるものを選ぶと安心ですね。

多くの会社や店舗でタイムレコーダーが導入されています。この品物は電子データで勤怠管理をすることができ、購入および設置の費用が安くて済むというメリットがあります。