進化を続けるeラーニングをあなたの会社でも活用してみよう!

eラーニングってよく聞くけど、どんなものなの?

皆さんは入社した時の社員研修などで、eラーニングで研修を受けたこともあるのではないでしょうか。インターネットを利用し大学の授業の一環にしたり新人研修の教材であったりという様々な学びの場面でeラーニングは活用されています。eラーニングは研修にかかる時間や費用の節約といった点と、各生徒の学習状況の把握をしやすくするという点で今までの学習形態より優れています。さらにインターネットを利用しているため、教材の内容をその都度必要に応じて変えられるという柔軟性もあります。

eラーニングでビジネスマナーなどを学ぶメリットとは

eラーニングが1番効果を発揮する場所は、企業の新人研修などビジネスマナーを学ぶ場所であるといっても過言ではありません。会社の経営に欠かせないのは人材教育です。スピードや効率が重視される現代社会では、社員教育は従来のものだけでは対応できないのが現実です。eラーニングでは学習状況が数値化しにくいビジネスマナーなどの学習状況を数値化できるメリットがある他、学ぶ範囲が多岐に渡り、時代によって変化するコンプライアンス学習にも柔軟に対応できます。

eラーニングを導入する際に必要なものとは?

では、eラーニングを導入し、実施するにはどのようなものが必要なのでしょうか。まずソフト面ではLMSと呼ばれる学習管理システムと、学習教材が必要です。ハード面では学習管理システムを動かすサーバー、データベース保管のためのサーバーと最低2つのサーバーが必要となります。それ以外にも学習教材の中身によっては映像を撮影するカメラマンなども必要になります。学習アドバイザーなどと言った、受講者が学習の際にわからないところをサポートするスタッフというのも重要です。

派遣法改正によって、派遣労働者のスキルアップにつなげるため、多くの派遣会社が取り入れたのが派遣のeラーニングです。