マイホームの電力をクリーンに!家庭用の太陽光発電システムについて学ぼう!

場所を取らず環境破壊を引き起こさないのが利点

自然エネルギーの一種である太陽光を用いて電気を作る太陽光発電システムは場所を取らないのが大きな利点です。従来の発電システムは水力や火力、原子力など様々な種類がありますが、いずれも巨大なタービンを回して電気を作る点が共通しています。大掛かりな設備が必要な他、発電用のエネルギーを確保する過程で環境破壊が生じるのが欠点です。太陽光発電は専用のソーラーパネルと発電用の機器があれば電気を作ることができるので場所を取りません。住宅の屋根や庭に設備を置くことも可能なので送電網が不要です。そのため、離島や山奥でも大規模な発電設備に頼らず、電気を作ることができます。

電気代の節約に役立つが注意点もある

一般家庭に普及している住宅用の太陽光発電システムは毎月の電気代を節約するのに便利です。太陽光が当たると自動的に発電されて消費に回されます。難しい操作は必要無いので、手軽に電気代の節約を図ることが可能です。環境を損なわずに電気を作ることができるのが魅力ですが、その一方で常に必要な分だけの電気を確保できるとは限りません。発電量は天候に左右されるので電機の供給量が安定せず、太陽光発電だけで暮らしに必要な電気を賄うのは非常に困難と言えます。また、ソーラーパネルが劣化したり汚れが付着しても発電量が減少するので、発電設備はこまめにメンテナンスをしなければいけません。

太陽光発電はあくまでも既存の発電と併用して毎月の電気代を節約するための設備と見るのが上手な扱い方になります。

太陽光発電の価格はメーカーや設置場所などの条件によって大きく変化します。設置する地域によっては補助金が貰える例もあります。